blog index

節水・節約生活 ドルフィンセーブ

地球にやさしく、家計簿にもやさしく。トイレを中心に節水・節約生活をご提案します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
サウジアラビアの大学と海水淡水化設備を共同研究

2013.01.03

こんにちは、毎日使うトイレから
手軽に節水をはじめませんか?
トイレタンクに設置するだけで簡単節水
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【世界の水事情 より】〜

株式会社日立製作所と
株式会社日立プラントテクノロジーは
2012年11月14日にサウジアラビアの
キング・アブドラアジズ国立大学
(King Abdlaziz University)と
海水淡水化設備向けの水質モニタリング技術に関する
共同研究契約を締結したが、
研究が実際に開始されたことが12月20日に発表された。
---------------------------------

この共同研究では日立の横浜研究所が開発し、
日立プラントテクノロジーが海水淡水化設備への
適用を進めている新しい水質モニタリング技術について、
サウジアラビアの海水を実際に用いて
実証実験及び評価・改善を行うことになっているそう。

サウジアラビアは海水淡水化設備の
世界有数のマーケットとしても注目を浴びており、
今回の共同研究で得られる成果を
日立グループでは海水淡水化事業の拡大に
つなげていきたいとしているとか。

世界各国で、海水の淡水化事業がすすめられていますが、
サウジアラビアは砂漠も多い土地なので、
この事業は急務なのだと思います。

日本の技術がどんどん世界で活躍していくといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CO2排出量を最大50%削減できる環境配慮型工場

2012.12.30

こんにちは、身近な水だからこそ
改めて大切さを考えよう。
トイレタンクに設置する節水器具
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【EICネット より】〜

大和ハウス工業は、CO2排出量を最大50%削減できる
次世代の環境配慮型工場を12月20日発売する。
自然の力の活用や、創エネ・省エネ・蓄エネ設備の採用、
エネルギーの総合管理で実現する。
法人向け建物のCO2排出ゼロを2020年までに目指す
「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」
の一環で、オフィス、店舗に続いて導入する。
---------------------------------

これは、工場の屋根、窓に日射の遮へいや高断熱などの
技術を採り入れると同時に、立地条件に合わせて
通風・換気を計画して自然エネルギーを利用し、
快適性を高めるものだそうです。

天窓からの光で照明電力を削減するほか、
高断熱複層ガラスで省エネ性を向上させるそう。
さらに屋上や壁面の緑化で建物内部の
温度上昇を抑制し、周辺のヒートアイランド現象も
緩和するのだとか。

日射が遮られることが少なく、大きく確保できる
屋根面に太陽光発電システムを設け、
非常用電源にもなるリチウムイオン蓄電池を提案。
太陽光発電が稼働している時は、充電と安定した
放電を可能にするそう。

また、建築設備と生産設備を総合的に管理して
エネルギー消費量を計測し、「見える化」することで
一層の省エネにつなげるシステムも採用するそう。

工場ではエネルギーの消費量が高いですが、
生産との兼ね合いもあるため、
エネルギーの削減が難しい面もあります。
総合的に創エネ・省エネ・蓄エネに配慮した設備は
運用もしやすいかもしれませんね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
好適環境水での養殖したマグロ

2012.12.28

こんにちは、身近な存在の水だから
トイレタンクにドルフィンセーブを設置して
手軽な節水をはじめよう!の緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【世界の水事情 より】〜

岡山理科大学にて「好適環境水」で養殖された
マグロの試食会が開催された。
「好適環境水」とは同大の山本俊政准教授が
研究を進めている特殊な水である。
---------------------------------

「好適環境水」とは海水魚と淡水魚が
共存できる性質を持つ水なのだそうです。

カリウムなどの電解質を淡水に加えることで
このような性質を持たせることに成功したのだとか。

2010年から生命動物教育センターの大型水槽で
マグロの飼育を開始したそう。
試食会に用意されたマグロは
体長87cm、重さ13.5kgまでに成長したそうです。

試食会では刺身が提供され、
試食した人からは臭みの無さや脂ののりがいいなどの
声が上がったとか。

山本俊政准教授は、水槽に残る6匹を大きく育て、
マグロ牧場を開きたいという将来の夢を語ったそう。

淡水魚と海水魚が共存できる性質を持つ水なんて
すごいですね。
これから新しい可能性が色々と広がりそうですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
駒沢給水所が土木学会選奨土木遺産に認定

2012.12.26

こんにちは、身近で大切な水を
節約するならトイレタンクに設置する
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【EICネットより】〜

イギリス環境・食品・農村地域省の
マウリー資源管理担当政務次官は、
環境と経済に有益な衣料品リサイクル推進の一環として、
ロンドンの衣料品リサイクルセンターを視察する。
---------------------------------

視察先のローレンス・M・バリー(LMB)
衣料品リサイクルセンターは、
創業時は3人だけの小さな家族経営であったが、
現在では170人を雇い、毎週200トンもの
衣料品を収集・分類し、アフリカ、アジア、
東ヨーロッパ等へリユースのために輸出し
400万ポンドの収益を上げているのだとか。

イギリスのリサイクル産業は、
過去25年間で3倍に成長し、
現在は100億ポンドを超える規模となったそう。

リサイクル品の輸出も、年間40億ポンド以上に相当する
利益をイギリス経済にもたらしているという。
また、使用済み衣料品の価値も年々増加しているそう。

しかし、いまだに毎年35万トン超もの使用済衣料品が
廃棄物として埋立処分されていることから、
政務次官は「リユースやリサイクル等は環境のために
良いだけでなく、雇用を生み出し、
新しい経済を育てる素晴らしい産業を推進するとして、
広く周知していきたい」としているそうです。

日本でもリサイクル衣料店をよく見かけるようになりました。
しかし、ひも解いてみると、江戸時代には
かなり盛んにリサイクルがされていたと聞きます。

環境に配慮した原材料や製造工程の面だけでなく、
このようなリサイクルも改めて注目してきたいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
節水型機器で新手法の2国間クレジット

2012.12.24

こんにちは、身近なところから今すぐ節水を始めるなら
トイレタンクに設置するドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【日経BP環境経営フォーラム より】〜

TOTOは節水型の水回り機器の普及による
CO2削減量をクレジット化する新たな方法論を開発。
学術的な調査・研究に基づき、
本業で低炭素かつ節水型の社会形成に貢献する。

---------------------------------

TOTOは2012年2月に、業界最少の3.8Lの
洗浄水量(大洗浄時)で十分な洗浄能力を実現した
温水洗浄便座一体型便器を発売したそう。
20〜30年前の製品では、平均13Lにも及ぶのだとか。

このような節水によるCO2削減量をクレジット化し、
経済システムを活用しようというもの。

節水で削減できるCO2排出量の大半は、
浄水場や下水処理場などでのエネルギー消費に
由来すもので、その割合は小さいという。

同社は、各種の公的な統計データを活用し、
1m3の節水によって、上下水道で0.98kWh節電、
0.59kgのCO2を削減できると試算したそう。
並行して、水回り機器の使用期間について、
独自に広域調査を実施し、機器の出荷統計、
実際に使われている機器の性能の平均値、
機器の使用回数などのモデル、人口・世帯構成の
推移なども総合し、水回り機器によるCO2排出の
推移を予測したのだとか。
これらを学術論文にまとめ、
空気調和・衛生工学会などで発表しているという。

海外でも同様の方法論を適用するために
調査をすすめているのだとか。

日本が世界に提案する
「2国間オフセット・クレジットメカニズム
(2国間メカニズム、BOCM)」の構築につなげるそう。
このメカニズムは、途上国におけるCO2削減への貢献量を、
日本のCO2削減目標の達成に活用する仕組みだという。

節水型の水回り機器は色々とでてきていますが、
直接的に水の使用量を減らして環境に配慮するだけでなく、
CO2の削減にもつながっていくんですね。

しかし、今すぐリフォームなどは難しい・・・
という場合には、ドルフィンセーブで手軽に
節水を始めてみませんか?

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アメリカでグリーンインフラ完成

2012.12.21

こんにちは、毎日使うトイレだから
手軽にしっかり節水しよう!
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【EICネット より】〜

アメリカ環境保護庁(EPA)が、
マサチューセッツ州アーリントンで進めていた
グリーンインフラが完成した。
---------------------------------

これは、EPAが地域住民や地方自治体と協力し、
河川や湖沼の水質保全を促進する
パイロットプロジェクトのひとつで、
アーリントンにある公園(Hurd Field)の駐車場に
水を透過させる多孔性アスファルトで
舗装を施すものだそうです。

隙間の多い素材を用いることで、
雨水を地中に浸透させるのだとか。

地中では、水質を低下させる栄養塩類や
病原体などの汚染物質が自然にろ過されるため、
雨水による汚染物質の近隣流域への流出を
防ぐことができ、洪水による被害も緩和されるそう。

また、砂撒きや冬期の道路用の塩なども不要になるのだとか。

EPAとアーリントン町では、透水性舗装の効果を把握するため
長期的な監視を行うそう。
また、他の地方自治体や流域団体に対し、
立地の選定から設計、アスファルト混合物の生産などの
ノウハウを伝えていく予定なのだとか。

今後はアスファルトが目詰まりしないよう
保守管理や定期的な吸引が必要なのだそう。

日本でも道路の舗装によって、雨水が溢れる様子が
報道されることがありますね。
強度などの問題もあると思いますが、
このような形の環境に配慮したインフラが
増えていくことで様々な問題が解決できるといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
業務用ゲーム機にエコラベル

2012.12.19

こんにちは、トイレタンクに設置するだけで
あっという間にバッチリ節水できる
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【ECO JAPAN より】〜

バンダイナムコホールディングス傘下で
ゲームコンテンツ・業務用ゲーム機器企画・開発の
バンダイナムコゲームスは、自社の業務用ゲーム機への
「エコラベル(環境ラベル)」表示を始める。

ゲーム業界で初めての取り組みで、
「エコアミューズメント」と呼ぶ。
12月上旬に稼働開始を予定する子供向けゲームが
最初の製品となる。
---------------------------------

これは、国内で販売する自社製業務用ゲーム機を
対象に策定した「環境配慮設計ガイドライン」に基づき、
一定の基準をクリアした製品をエコアミューズメントに
認定するものだそうです。

従来から進めるLED(発光ダイオード)照明などの
省エネ製品採用や、こん包材を削減する省資源化などの
活動をさらに進めたそう。

環境配慮設計ガイドラインは、

安全な素材を利用した化学物質管理
消費電力削減などの省エネ
こん包・包装を必要以上に使用しない省資源
リサイクルしやすい設計

の4つの基準があるそうです。
化学物質管理をクリアしたうえで、
残り3項目の1つ以上を満たしているものを
エコアミューズメントに認定して
本体にエコラベルを貼付するのだとか。

エコに配慮した商品は私たちの身の回りに
増えてきていますが、子ども向けのゲーム機にも
登場したんですね。
エコであることがもっと当たり前に
なっていくといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モルディブ共和国が海洋深層水施設を視察

2012.12.05

こんにちは、身近にある水だから
トイレで使う水を上手に節水しよう。
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【世界の水事情 より】〜

2012年11月12日、インド洋の島しょ国家である
モルディブ共和国の環境大臣など政府関係者が、
富山県入善町の海洋深層水施設を視察した。

視察の目的は自国の二酸化炭素排出削減の
参考にするためである。
---------------------------------

モルディブ共和国における海洋深層水の
利用に関しては、すでに日立プラントテクノロジーが
事業化調査を受託しているそう。

今回の政府関係者の視察は
日本の経済産業省の招待によって
行われたものなのだそうです。

モルディブ共和国では冷房による
二酸化炭素排出を抑制することが
火急の課題となっているそう。

海洋深層水により冷房を行い、
海水の淡水化も合わせて行うシステムは
モルディブ共和国のこのような課題に
マッチするもだそうです。

視察を行った、富山県入善町の海洋深層水施設は
工場の製品の冷却に海洋深層水を使用し、
それをアワビの養殖に再利用しているものだとか。

日本は海に囲まれた国ですから、
海水の上手な活用と再利用を今後も進め、
海外の多くに国の参考となれるといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トヨタ環境活動助成プログラム

2012.12.03

こんにちは、トイレタンクに設置をすれば
すぐに始められる節水。
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【ECO JAPAN より】〜

トヨタ自動車は、「トヨタ環境活動助成プログラム」の
2012年度助成対象に19件のプロジェクトを決めた。

「生物多様性」と「温暖化」をテーマに
民間非営利団体の活動を公募し、
海外、国内の各支援枠で計111件の申請があった。
海外はアジア・太平洋8件、北米・中南米1件、
国内は10件を選んだ。
---------------------------------

応募の中から、有識者によって目的の妥当性、
将来への発展性、地域特性への考慮などの観点で
審査されたそうです。

海外枠では「ブータンにおける
絶滅危惧種判定能力開発プロジェクト」
「絶滅の危機に瀕した
固有魚種保護プロジェクト」(スリランカ)、
「インド圧延産業における省エネ支援事業」などが、

国内枠では「にっしん探検マップ:3世代が刻み込む
ふるさとの自然」
「生駒市西畑町の棚田・里山の再生と創造」
「千葉県九十九里海岸保安林再生をめざした
植林後の保育活動と生物多様性実践調査」などが
選出されたそうです。

環境活動助成プログラムは
トヨタが国連環境計画(UNEP)の表彰
「グローバル500賞」を1999年に日本企業で初めて
受賞したことを記念して2000年から実施され、
今回を含み、これまでの13年間で、
世界50各国、233件を助成しているそう。

13年に渡って多くの団体に助成を続けているなんて
素晴らしいですね。

国内外で環境に取り組んでいる団体が、
この助成を大いに生かして、良い結果をだし、
今後も続けて行けるといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
阿波しらさぎ大橋の構造が高評価

2012.11.30

こんにちは、大切な資源を大切に利用する
トイレで節水ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【世界の水事情 より】〜

2012年4月25日に開通した
徳島市の阿波しらさぎ大橋の設計施工に携わった
技術者4人がまとめた構造や技術に関する論文が
英国の雑誌で紹介された。
---------------------------------

論文が掲載された機関紙
「Institution of structural engineers」は
英国の建築物の構造学分野で歴史ある団体が
発行しているものなのだそうです。

この中で、阿波しらさぎ大橋が
渡り鳥の飛来を妨げない構造を実現したことなどを
高く評価しているそう。

この論文は、機関誌の表紙を飾るほど
大きく取り上げられたそう。

論文を発表した4人は、
「徳島の橋を世界に知ってもらえるチャンス」
と感激しているとか。

巨大建造物を見て、その技術や大きさに驚いたり
感動したりしますが、この橋は、鳥の飛来を妨げない
構造になっているなんてすごいですね。
きっと様々な工夫がされているのでしょうね。

このような技術が海外でも高く評価されるのは
私たちにとっても嬉しいニュースですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ