blog index

節水・節約生活 ドルフィンセーブ

地球にやさしく、家計簿にもやさしく。トイレを中心に節水・節約生活をご提案します。
<< 夏休みはエコを学ぶチャンス?! | main | マングローブの森を再生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
電気を効率よく貯める技術

2011.07.08

こんにちは、
上手に節水して手軽にエコ
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【ECO JAPAN より】〜

住友電気工業は、アルミニウム多孔体
「アルミセルメット」を開発。
リチウムイオン電池や電力貯蔵部品の
キャパシターの容量を高めるために
有効な素材となる。

軽量なうえ、電気を通す性質の導電性や、
腐食への抵抗力の耐食性が高いことが
特長となる。

大阪製作所(大阪市此花区)に小規模のラインを設け、
電池での実用化に向けて改良を進める。
---------------------------------

電気は、貯めておくことが非常に難しいと
言われています。

しかし、身の回りの家庭での太陽光発電、
電気自動車などが普及し、
電気を貯めておくことへの需要も高まっている
のではないでしょうか?

今回開発された「アルミセルメット」は、
電気抵抗率がニッケルの半分以下で
高い導電性を保有し、
耐食性能にも優れるそうです。

そして、これまでセルメットが使えなかった
リチウムイオン電池など充放電電圧の高い
二次電池やキャパシターにも
適用できるようにしたそうです。

リチウムイオン電池の正極集電体に現在使われている
アルミニウムはくをアルミセルメットに代えると、
自動車に搭載する電池では容量が1.5〜3倍になるのだとか。

今後、ますます注目されていく技術になるのでしょうね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 19:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - | pookmark |
コメント
一度、便利な生活を覚えてしまったら、以前のような生活をするのは難しくなってしまうんでしょうね。

発電技術って結構進歩してるから、充電技術がもっと進歩すると相当エコが進みますね。

エネループとかのニッケル水素電池じゃ不十分なんでしょうかね。

相当進歩してるのに。
| 充電式電池《ビシクレ》 | 2011/07/12 3:06 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://dolphinsave.jugem.jp/trackback/331
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

bolg index このページの先頭へ