blog index

節水・節約生活 ドルフィンセーブ

地球にやさしく、家計簿にもやさしく。トイレを中心に節水・節約生活をご提案します。
<< 法人向けショールーム | main | 河川の環境を考える。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ペットボトルからペットボトルを作る。

2012.10.10

こんにちは、身近なところからエコを。
トイレタンクに設置して手軽に節水できる
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【ECO JAPAN より】〜

味の素ゼネラルフーヅ(AGF)は、
「ブレンディ」ブランドのボトルコーヒー主力商品で、
PETボトルからPETボトルにリサイクルする方式を
採用した環境配慮型の新しいボトルの導入を完了する。

10月1日発売の「ブレンディ
ふわり薫る挽きたてホットカフェオレ」280mLの
リニューアルによってブレンディ12種は、
新PETボトルになる。
---------------------------------

新PETボトルは「フレンドリーボトル」という名前だそうです。
PETボトルをケミカルリサイクルする世界唯一の技術を使い、
使用済みPETボトルから再生PET樹脂を作り、
原料の一部にするそう。

PETボトルのケミカルリサイクルは、
使用済みのPETボトルを化学的に分解し、
PET原料に戻してPET樹脂として利用するもの。
石油由来原料で作る新品と同等の品質に再生できるのだとか。

回収された使用済みPETボトルは
現在約9割が卵を包装するパックや食品用トレーといった
品質が低下した製品にリサイクルされているそう。

しかし、AGFが導入したケミカルリサイクルは、
新品並みのPETボトルが製造できるのだとか。
この技術は東洋製缶のグループ会社が開発したもので、
内閣府食品安全委員会で食品容器への
使用が承認されているそう。

同じプラスチック製品でも、ペットボトルからペットボトルに
変えるのは難しい事なんですね。

このような技術が確立されてきましたから、
回収のルートもうまく出来上がって
無駄なく、資源を大切に利用できるように
なるといいですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ 

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://dolphinsave.jugem.jp/trackback/477
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ