blog index

節水・節約生活 ドルフィンセーブ

地球にやさしく、家計簿にもやさしく。トイレを中心に節水・節約生活をご提案します。
<< 河川の環境を考える。 | main | ガーナで海水淡水化事業 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ふゆみずたんぼの初収穫

2012.11.09

こんにちは、手軽に節水をはじめられる
トイレタンクに設置する
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【EICネット より】〜

小山市が環境にやさしい農法の確立を目指して
実験している「ふゆみずたんぼ」の初収穫が
市内9カ所の水田で行われた。
---------------------------------

「ふゆみずたんぼ」で収穫された米は、
今年7月に渡良瀬遊水地がラムサール条約に
登録されたことから、
「ラムサールふゆみずたんぼ米」
と名付けられたられたそうです。

小山市は農薬と化学肥料を使わないブランド米に
育てようと、この冬も実験を継続していくとか。

この「ふゆみずたんぼ」とは、
収穫を終えた水田に春まで水を張り、
微生物や藻を発生させる方法なのだとか。

そうすることでイトミミズやユスリカなどが集まり、
「トロトロ層」といわれる抑草効果のある層ができ、
農薬や化学肥料に頼らないコメづくりが可能になるそう。

豊かな生物環境が鳥のエサ場にもなることから、
市が2010年から進めているコウノトリ・トキが
集まるまちづくりの推進も期待されているとか。

水田は、冬は水が抜かれ、春の田植えの時期に
水を張るイメージですが、冬の間、水をためておくことで
このような効果が期待できるんですね。

農薬や化学肥料を使わないだけでなく、
生態系にも良い影響がありそうですね。

この実験が進められ、今後どのような結果が得られるのか
楽しみですね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ 

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://dolphinsave.jugem.jp/trackback/479
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ