blog index

節水・節約生活 ドルフィンセーブ

地球にやさしく、家計簿にもやさしく。トイレを中心に節水・節約生活をご提案します。
<< 新形状の6感パック板紙 | main | 阿波しらさぎ大橋の構造が高評価 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
駒沢給水所が土木学会選奨土木遺産に認定

2012.11.28

こんにちは、節水を始めるなら
トイレタンクに設置するだけで簡単節水。
ドルフィンセーブの緑川です。

今日ご紹介する注目記事は・・・

〜【世界の水事情より】〜

東京都水道局は
「駒沢給水所(配水塔・配水ポンプ所)」が
平成24年度土木学会選奨土木遺産に
認定されたことを発表した。
認定式は11月22日に実施の予定となっている。
---------------------------------

土木学会選奨土木遺産とは、
公益社団法人土木学会が認定するもので、
幕末から昭和20年代の近代土木遺産を対象とし、
社会へのアピール、まちづくりへの活用などを
目的に認定されているものなのだそうです。

今回認定された「駒沢給水所」は
世田谷区にある排水塔。
多摩川の伏流水を水源とする砧下浄水所から
送水された水を貯留し、
渋谷方面に配水するためのものなのだとか。

この排水塔は大正13年、
排水ポンプ所は昭和8年に建設されたそうです。

給水塔は独特のデザインで、
地域住民からも親しまれており、
街のシンボルとなっているそう。

尚、排水塔などの主要建造物は
耐震性も確認されており、
今後も補強・補修を行いながら利用を続け、
地域の給水拠点として整備していくそう。

大正時代に作られた建物が今でも
利用されていることに驚きますが、
昔から私たちの生活に必要な水を
安全に、そして安定的に供給するために
工夫されていたのだと改めて感じますね。

トイレの節水バルブ『ドルフィンセーブ』で地球にやさしい毎日の生活
お買い求めは エコロジカルSHOP へ

| ドルフィンセーブ | 節水・節約ニュース | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://dolphinsave.jugem.jp/trackback/484
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

bolg index このページの先頭へ